MONTH

2020年5月

#358日前 あんかけ焼きそばのアン

今一番食べたいものは何か? 緊急事態宣言は全面解除になったが、私はステイホームを続けている。リモート会議が近日中に始まるので、その準備もある。会議のテーマは、ずっと不変だ。【地球征服】タコ星人である我々の大命題である。しかし、何十年も会議に出ているが、一度も話がまとまったことはない。それでも、我々タコ星人の存在理由のためにも会議は続けられている。 腹が減る。今日の昼食は、トーストにバターを塗り、ハ […]

#359日前 愛さずに生きるか愛で死ぬか

食べたくなるほど愛したいのさ タコ星人に寿命はない。地球がある限りどころか、宇宙があるかぎり永遠に生きていられる。しかし、多くのタコ星人は死んでゆく。それは、【異性を愛してしまったら相手の食料になる】という習性があるからだ。我々タコ星人は食べられることで愛するものの存在の一部になる。それが、タコ星人の【最上・究極の悦び】とされている。 異性に愛情を感じたとたん、本能的にわが身を差し出し、その場で相 […]

#360日前 友達がユーチューバーになった

小樽ミルク・プラントで出会った小樽の男 昔、糸井重里が作ったコピーで「ともだちがポーラレディになった」というものがあった。それにならうと、「友達がユーチューバーになった」だ。その男とは、2年前に小樽で知り合った。彼は私と同じ年齢で、今年66歳になる。もっとも、私は地球にやってきてから66年経つのであって、実際の年齢は100歳かもしれないし、20歳かもしれない。タコ星人に年齢の概念はないのだ。 友達 […]

プロ野球という春が愛おしい

野球がなければ、スポーツ新聞はつまらない 昔ほど、野球が好きではなくなった。昔ほど、すごい選手がいなくなったせいかもしれない。それでも私は、「プロ野球ファンである」と胸を張って名乗れるくらい野球を愛している。特に巨人が大好きだ。 昔は、開幕の日となると、お菓子や飲み物を揃えてテレビの前に正座して試合を見ていたものだ。また、巨人が日本シリーズに進出し、パリーグの優勝チームを破り、日本一になった時には […]

#362日前 私は小澤征悦に似ているタコだ

最初の顔は漁師だった タコ星人の私は特別な能力を持っている。それは、擬人化できることだ。この能力を初めて使ったのは、66年前に地球に降り立った早朝だった。私は海から陸にあがり、最初に出会った漁師の顔になった。そこは北海道北西部にある日本海側に面した小平町(当時小平村)というところだった。私はそこで暫く暮らしていたが、同じ顔の漁師がふたりいるという噂が立ち始めたため、蒸気機関車に乗って町を出た。 そ […]

なんとも情けなかったやつら

ステイホームができた人、できなかった人 新型コロナウイルス感染拡大に伴う非常事態宣言により、私たちは一年で最も希望に満ちた春という季節にステイホームを余儀なくされた。 ステイホーム!  ご主人様に命じられる犬になったようで、このフレーズは好きではない。しかし、家に閉じこもる行為は理解できた。欧州の指導者は今回の新型コロナウイルス感染に際し、「戦争」「戦時下」という言葉を用いた。「愛」のない言葉では […]

今こそ首都遷都を

子供の頃は地図少年だった 子供の頃、地図を見ていれば、1日の時間を過ごせた。日本の国の1都1道2府42県(沖縄はまだ返還されていなかった)のすべての位置や形、県庁所在地を覚えた。また、高い山、長い川、大きな湖、大きな半島、人口、人口密度のランキングにも興味を持ち、1位から10位までの名称を全部覚えた。その下地があるから、いまテレビでクイズ番組で「地理」の出題があると、正解率はかなり高い。 私が熱心 […]

#365日前 カウントダウン

カウントダウンが好きだ 2020年3月25日、東京オリンピック・パラリンピックの1年延期が決定した日、東京オリンピック開催まであと000日00時間00分00秒を示していたカウントダウンの時計が止まった。その後、2021年7月23日の開催日が正式に決定すると、新たなカウントダウンが始まった。この表示が再び途中で消えないことを心から祈るばかりである。 私はカウントダウン評論家とまではいかないが、「カウ […]