MONTH

2020年7月

#331日前 夏の夜空を見上げ、恋の三角関係をイメージしてみる

見上げてごらん、ロマンチックな夏の大三角形を 夏の今頃なら、夜の9時に空を見上げ(ほぼ真上)、一番明るい星をさがしてみよう。それが、ベガだ。こと座で、もっとも明るい星。日本では、「織姫」の星として知られている。(上記は星座のイメージ写真) その星を頂点にして、三角形を作るようなイメージで夜空に視線を滑らせると、2つの明るい星を見つけることができる。右が、わし座のアルタイ。太陽の11倍の明るさがある […]

#332日前 「はやぶさ2」地球帰還前に、映画「はやぶさ」を観ておこう

2020年12月6日に、「はやぶさ2」が地球へ帰還する 小樽市東雲町の自宅のテレビでガールフレンドのレイアと一緒に映画「はやぶさ/HAYABUSA」(2011年)を観た。プライムビデオで私は「劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇」(2013年)を見たかったのだが、レイアがこの映画を選んだ。 これには理由がある。それは私が彼女に本年2020年12月6日、地球に帰還する「はやぶさ2」について熱く語ったからだ。 […]

尿管結石にまつわる10の覚書

2018年夏、「尿管結石」になり、入院・手術をした。その時、FACEBOOKに非公開で書き留めておいた「尿管結石にまつわる10の覚書」を当ブログにおいて公開する。 プロローグ 下記の文章は、9月の終わりごろに、FACEBOOKに非公開で記した10の覚書の一番最後に書いた11番目の文章である。 久々のウオーキングである。今日までの一か月半、まったく歩いていなかった。実は、その間、極秘で、2度入院、2 […]

ほぼ週間NEWSランキング

10位 TOKIOといえば、ジュリーのパラシュート TOKIOがデビューしたとき、沢田研二がパラシュートを付けて歌ったTOKIOを思い出していた。その後、活躍し、メンバーそれぞれのキャラが立ち、芸能界トップクラスのグループになった。私の中のTOKIOも、ジュリーの歌からジャニーズのTOKIOになった。 このグループから長瀬が来年3月に抜け、ジャニーズ事務所を退所。残った3人は新会社「TOKIO」を […]

あなたは人生の何月何日を生きているのだろうか

人生の終焉を84歳の誕生日ジャストとする。 83歳の最後の日まで生きられると仮定し、それを1年・12か月の12で割ったら、ひと月が7年になる。つまり、 1月が0歳から6歳まで 2月が7歳から13歳まで 3月が14歳から20歳まで 4月が21歳から27歳まで 5月が28歳から34歳まで 6月が35歳から41歳まで 7月が42歳から48歳まで 8月が49歳から55歳まで 9月が56歳から62歳まで 1 […]

「戸田恵梨香、最強女優」説を勝手に力説してみた

戸田恵梨香に恋をしてしまった 戸田恵梨香に最初に恋をしたのは2005年だった。「野ブタ。をプロデュース」で亀梨和也演じる修二の彼女役。バスケ部のキャプテンで、誠実な女子高生を演じていた。当時、彼女は17歳だった。 次に恋をしたのは2006年、映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」で、戸田はツインテール&ゴスロリ姿のミサミサ役を演じた。手錠と拘束具を付けられて椅子でもが […]

今年の7月23日、24日って、何の日?

日本で行われる2回目の夏季オリンピックは当初2020年7月24日から8月9日までの予定だったが、新型コロナの影響で、新しい日程が2021年7月23日(金)から8月8日(土)までになった。 コロナがなければ、今頃は、どんな高揚感で、23日から26日までの4連休を迎えようとしていたことだろう。降り注ぐ夏の光だって今日の光よりもはるかに煌めいていたに違いない。そして人々の笑顔の数も今の何万倍も日本中にあ […]

雲一つない夏空へ、三浦春馬が駈けて逝く

1ヶ月で5本の日本映画を見た。 「スローなブギにしてくれ」「SUNNY」「銀魂2」「こんな夜更けにバナナかよ」「コンフィデンスマンJP」 1980年前後に片岡義男の文庫本を数冊本棚に並べていたことがあった。谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫の小説が今でも好きなタコ星人の私からしたら、片岡義男の小説なんて、文章の密度がなく、どの行を読んでもスカスカしているし、水でだいぶ薄めた二級酒を飲むようなもので、 […]

ほぼ週間NEWSランキング

10位 土下座なんてしたくなかったそうだ TBS系列で日曜午後9時「半沢直樹」が7月19日よりスタート。総集編的な再放送を7月5日・12日の2週に渡って行い、それぞれ13.0%、14.8%の視聴率を記録した。新作ドラマでもトップクラスの数字だから恐れいる。特に最後の土下座シーンは改めて見てもスゴかった。 香川照之は最初、土下座はしないと申し出たそうだ。本人が演じている大和田常務の性格上「土下座なん […]

♯340日前 愛が負けた日

「タコ星人の素敵な片思い」って、基本的には、恋愛ブログだ。 しかし、このところ、「愛」に関するブログを控えている。私には、汚れたことを含めて、美しい「愛」になるという根本的な考えがある。しかし、ブログが公になり、より多くの方に読んでいただくようになると、それではいけなくなる。汚れたことをゼロにして、美しい「愛」だけを語れるようにしないとブログそのものがNGになる恐れがある。それは、タコ星人である私 […]