MONTH

2020年8月

「青春時代の日記」をいつ処分すれば良いか? 60代半ばで初めて読んでみて、思ったこと

1973年2月、18歳の日記を、初めて読んでみました 私は青春時代に日記を書いていました。 1973年2月1日から1979年12月1日まで、高校3年生の2月1日から予備校、大学生、新社会人までの凡そ8年間の青臭い日々を綴った日記です。 長い間、押入の奥のダンボール箱の中にしまいっぱなしで、目にすれることは全くありませんでした。 しかし、先日、ユーチューブに動画をアップするときに、ついに初期の頃のい […]

人生最長の映画『愛のむきだし』で最高に興奮したのは、満島ひかるの・・・

睡魔と戦(たたか)う男、『愛のむきだし』の長さに戦(おのの)く 園子温監督の『愛のむきだし』(2008年)をプライムビデオで初めて観ました。 夕ご飯を妻と急いですませ、午後7時30分から観始めました。普段、家で映画を観るときのスタートはたいてい夜の9時。今回、どうしてこんなに早い時間からスタートしたのかというと、この映画が3時間57分(237分)の長編映画だったからです。 最初、私は観るのをためら […]

ほぼ週間NEWSランキング

第10位 石橋貴明が20年ぶりにNHK出演へ 24日の「貴ちゃんねるず」で、とんねるずの石橋貴明が30日午後9時50分から放送のNHK「サンデースポーツ2020」にゲスト出演することが発表された。 東大野球部出身の大越健介キャスターと帝京高校野球部出身の石橋は同学年であるそうだ。 石橋がNHKに出演するのは、野猿が長嶋茂雄姿(審査員席には長嶋が!)で紅白に出場して以来20年ぶり。今から楽しみ。(拡 […]

NO MUSIC NO LIFE をお手本にした清原の名言とは

23日の夜、とんねるず石橋貴明のYouTube番組「貴ちゃんねるず」を見た。「24分間テレビ~石橋が地球を救うかも」というタイトルで、24時間テレビに対抗して、24分間マラソンをやっていた。 走る石橋に、タレントから応援メッセージが届く。それをディレクターのマッコイが読み上げていく。 こんな過酷な中、走られると聞きました。その想いが素晴らしいと思います!これからもずっと石橋さんを応援していきたいと […]

極楽とんぼの山Pとジャニーズの山Pの違いは?

8月23日の「ワイドナショー」で、ダウンタウンの松本人志がジャニーズ山Pの問題に関連して、「極楽とんぼの山Pは・・・」と未成年淫行で社会的な制裁を受けた山本圭壱の話題を出しかけた。 同意なのか否かはともかく、極楽の山Pの函館の件にしても、最近復帰した小出恵介の大阪の件にしても、相手が行為を認める発言をしている。 しかし、山下智久の相手は、目下、公には沈黙中だ。 だから、未成年とのふしだらな行為は推 […]

「恋が着せ、愛が脱がせる。」 眞木準のコピーで彼女を愛したい

私の好きなコピーのひとつに「愛に雪、恋を白」というJR東日本のskiskiキャンペーンのコピーがある。長い間、眞木準のコピーだと思っていた。ダジャレを超越するオシャレなことばで表現されていたからだ。愛、雪、恋、白。これ以上ない、無駄を省いた文章だった。 これを作ったのは一倉宏だった。一倉は「アカレゼルブ、シロレゼルブ、ロゼレゼルブ」(サントリー・レゼルブ)、「あなたから、幸せになってください」(岩 […]

#317日前 日本の文豪は「女性」や「裸身」をどう書いたか どんな感情を持ったか

私は厭らしい話が好きな、厭らしいタコ星人である。 「厭らしさ」がなければ、異性と惹かれ合うことはないだろう。「愛」の全て、とまでは言わないが、「厭らしさ」は「愛」の証なのである。 しかし、広告付きのブログである以上、ブログの内容にも健全化が求められる。そういう葛藤があり、「愛」とか「恋」の話が少なくなってきている。 そもそも「タコ星人の素敵な片思い」というタイトルも、もともとは異なるタイトルであっ […]

ほぼ週間NEWSランキング

第10位 ウーバーイーツ当て逃げ事件に想う テレビで事故の模様を見た。当て逃げした男は謝りさえしなかったという。おそらくその男にとっては自分が起こした事故さえ他人事で、「この糞忙しいときに、何、ぶつけられてんだよ、ムカつく」と、むしろ自動車のせいにしたかもしれない。 いずれにしても、何かダメなことをしでかすものは、罪の意識が欠如しており、そっちの方が怖い。 ウーバーイーツ側も配達員との契約がどうの […]

俳優の渡哲也訃報、芸能人の方々のコメントまとめ

俳優の渡哲也さんが亡くなりました。日活の匂いのする俳優さん、女優さんの訃報は、映画ファンには寂しい限りです。 渡哲也とつながりのある方々がコメントを寄せていましたのでまとめました。 黒柳徹子 「渡哲也さん。なんて、悲しい。渡さんには、『徹子の部屋』に7回御出演いただきました。いつもすてきなたたずまいで、本当にお優しい方でした。お会いするたびに、私は、うれしく思っていました。石原裕次郎さんと共演した […]

「子供たちが行って楽しかった場所、北海道ベスト7」

このブログは、小澤征悦似の「タコ星人の私」が語る話と、作者の私が語る話の2つに別れています。「タコ星人の私」の話は、タイトルに#〇〇〇日前というなぞの記載があり、「タコ星人のカテゴリー」にまとめています。 今回のブログは、「作者の私」の話。というか、極めてプライベートな家族の話であります。 コロナ禍で帰省がままならないということで、東京で働いている娘は、ゴールデンウイークにも、そして夏休みにも、こ […]