#359日前 愛さずに生きるか愛で死ぬか

Pocket

食べたくなるほど愛したいのさ

タコ星人に寿命はない。地球がある限りどころか、宇宙があるかぎり永遠に生きていられる。しかし、多くのタコ星人は死んでゆく。それは、【異性を愛してしまったら相手の食料になる】という習性があるからだ。我々タコ星人は食べられることで愛するものの存在の一部になる。それが、タコ星人の【最上・究極の悦び】とされている。

異性に愛情を感じたとたん、本能的にわが身を差し出し、その場で相手に食べてもらう。これは決して、グロな行為ではない。むしろ【最上・究極の美】とされる。女に食べられることは、男の本望だ。そして、女にとっても、食べた男の数が多いほど魅力ある女ということになる。そんなモテル女も、男を愛してしまえば、男にムシャムシャと食べられてしまうのである。

愛されるやつほどよく太る

こうして、タコ星人は、愛によって、命を落とし死を迎えるのだ。寿命のないタコ星人の死亡要因の第1位は「愛」なのだ。なんて美しいのだろう。この美しい死に対して私は誇りに思う。ただし、タコ星人のこの習性には難点がある。それは、食べた後、太ると言うことだ。【愛され太り】というやつで、タコ星人は、消化に良くないようだ。

ちなみに私が小澤征悦似の仮の顔姿で住んでいるニッポンの平均寿命は

男女平均寿命
①日本(84.2歳) ②スイス(83.3歳) ③スペイン(83.1歳)

男性平均寿命
①スイス(81.1歳) ②日本(81.1歳) ③オーストラリア(81.0歳)

女性平均寿命
①日本(87.1歳) ②フランス(85.7歳) ②スペイン(85.7歳)

とりあえず66歳であるタコ星人の私と同年齢で寿命を迎える主な国は

〇ガイアナ(66.2歳) 〇ボツワナ(66.1歳 ) 〇キリバス(66.1歳) 〇マダガスカル(66.1歳) 〇パプアニューギニア(65.9歳) 〇ラオス(65.8歳) 〇エチオピア(65.5歳)

※WHO2018年度版の資料より

誰も愛さずに生きる理由とは

私の地球での組織上、上司にあたるものは、この「愛」の病により、次々に相手に食べられて死んでいった。66年、生きながらえるのは珍しい。66年前に私と一緒に宇宙船で地球にやってきたものはおよそ1000人。今、地球上に、タコ星人は何人いるのだろう。もう数えるほどしかいないのではないか。4月よりステイホームの自粛生活を始めるに際し、所長が気になることを言っていた。
「みなさんと会えるのはこれで最後になるかもしれません」
もしも、所長まで「栄誉ある死」を遂げていたら、「地球征服会議」小樽支部のメンバーは7名になる。なんとも気持ち悪い数だ。タコ星人が関わる数字は何事も8で割り切れる数字でなければならない。

私の話になるが、食べられること、すなわち【死】を恐れている。永遠の寿命があると言うのに、愛によって、命を放棄するのは愚かなことだ。だから私は「もう恋なんてしないなんて言わない、という、言い方なんてしない」のだ。

誰にも恋をしない。誰も愛さない。愛さなければ、私は生きられる。ずっと、ずうっと、永遠に生きられる。

ところが・・・愛する女に、出会ってしまった・・・


シニアライフランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

タコ星人の素敵な片思い - にほんブログ村