CATEGORY

タコ星人のブログ

#353日前 渡部建のFURINについて議論してみた

会議室のテーブルの配置とアンのミニワンピ この日、午前9時から「会議」が行われた。議題は、ただひとつ。「地球征服に関する意見交換」。「CSK(地球征服会議)商会」小樽支部内のこれまでの会議室には180cmの長テーブルが4つ。ほぼ正方形に配置され、各テーブルに2人ずつ座っていた。ところが「ソーシャルディスタンス」となり、8つのテーブルが長方形に配置されるようになった。会議に出席する8人全員がマスクを […]

#357日前 「責任は私にある」の鑑(かがみ)

リモート会議が始まった 8つあるうちの一つのモニターは消えていた。残り7つの画面にそれぞれの顔が映っていた。私を含む7人のうちの6人が通勤着に人間の顔で久々の会議の日を迎えたが、1人はバスローブにタコ星人の顔のままだった。4月7日の緊急事態宣言以降、1ヶ月半以上、家に閉じこもり、ずっとタコ星人の顔姿で過ごしていたため、人間の時の姿や顔を忘れたと言うのだ。元の顔は、「ずん」の飯尾和樹みたいな顔だった […]

#358日前 あんかけ焼きそばのアン

今一番食べたいものは何か? 緊急事態宣言は全面解除になったが、私はステイホームを続けている。リモート会議が近日中に始まるので、その準備もある。会議のテーマは、ずっと不変だ。【地球征服】タコ星人である我々の大命題である。しかし、何十年も会議に出ているが、一度も話がまとまったことはない。それでも、我々タコ星人の存在理由のためにも会議は続けられている。 腹が減る。今日の昼食は、トーストにバターを塗り、ハ […]

#359日前 愛さずに生きるか愛で死ぬか

食べたくなるほど愛したいのさ タコ星人に寿命はない。地球がある限りどころか、宇宙があるかぎり永遠に生きていられる。しかし、多くのタコ星人は死んでゆく。それは、【異性を愛してしまったら相手の食料になる】という習性があるからだ。我々タコ星人は食べられることで愛するものの存在の一部になる。それが、タコ星人の【最上・究極の悦び】とされている。 異性に愛情を感じたとたん、本能的にわが身を差し出し、その場で相 […]

#360日前 友達がユーチューバーになった

小樽ミルク・プラントで出会った小樽の男 昔、糸井重里が作ったコピーで「ともだちがポーラレディになった」というものがあった。それにならうと、「友達がユーチューバーになった」だ。その男とは、2年前に小樽で知り合った。彼は私と同じ年齢で、今年66歳になる。もっとも、私は地球にやってきてから66年経つのであって、実際の年齢は100歳かもしれないし、20歳かもしれない。タコ星人に年齢の概念はないのだ。 友達 […]

#362日前 私は小澤征悦に似ているタコだ

最初の顔は漁師だった タコ星人の私は特別な能力を持っている。それは、擬人化できることだ。この能力を初めて使ったのは、66年前に地球に降り立った早朝だった。私は海から陸にあがり、最初に出会った漁師の顔になった。そこは北海道北西部にある日本海側に面した小平町(当時小平村)というところだった。私はそこで暫く暮らしていたが、同じ顔の漁師がふたりいるという噂が立ち始めたため、蒸気機関車に乗って町を出た。 そ […]

#365日前 カウントダウン

カウントダウンが好きだ 2020年3月25日、東京オリンピック・パラリンピックの1年延期が決定した日、東京オリンピック開催まであと000日00時間00分00秒を示していたカウントダウンの時計が止まった。その後、2021年7月23日の開催日が正式に決定すると、新たなカウントダウンが始まった。この表示が再び途中で消えないことを心から祈るばかりである。 私はカウントダウン評論家とまではいかないが、「カウ […]